葬儀について

葬儀の流れ

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

葬儀は、頻繁に行われるものではない、非日常的な儀式です。

そのため、逝去から葬儀まで、どのように進んでいくのか、どのタイミングで何をすればいいのか、分からないという方が少なくありません。

葬儀までの限られた時間に、準備や手続きなど、やるべきことはたくさんあります。

逝去から葬儀までのおおまかな流れを頭に入れ、いざというときにスムーズに対応できるよう、心構えをしておきましょう。

 

<大まかな流れ>

(1) 危篤・臨終

自宅で逝去した場合
1.危篤    かかりつけの医師、病院に連絡します。
2.逝去    医師から死亡診断書を受け取り、葬儀社に連絡します。
急な逝去の場合は警察に連絡します。事故かどうか警察による判断が必要な場合がございます。

警察から逝去の連絡があった場合
1.逝去    連絡があった警察署に向かいます。                                            2.身元の確認 逝去した方が本人であることを確認します。警察病院へ故人を迎えに行く日時等の連絡を致します。

 

(2) 医師・看護師に連絡。近親者に連絡

1.危篤の連絡
大切な方が危篤になったら、気持ちをしっかりもってお別れの準備をしましょう。まずは、臨終に立ち会ってもらいたい家族や親族に連絡し、その後、親しい友人や会社関係の方に連絡しましょう。

2.着替えの用意
入院していると、着ているものは病院が用意した病衣の場合がございます。お気に入りの洋服に着替えた姿で退院させたいという事であれば、洋服を用意致しましょう。

3.現金の用意
病院によっては、退院時に精算が必要な場合があります。交通費や飲食代などのために、ある程度の現金を手元に用意しておくと安心です。
大切な方が逝去したことが金融機関に伝わると、その方の口座は凍結されて、引き出すことができなくなります。事前に暗証番号や印鑑の保管場所を確認しておきましょう。

※死亡届の提出先である役所が金融機関に逝去の連絡をすることはありません。

4.葬儀を依頼する葬儀社を決める
「生前に葬儀について考えるのは縁起でもない。考えたくない。」と考える方は多いのではないでしょうか。
現在では、「万が一の時の為に」「事前にどのくらい費用がかかるのか知っておきたい」といった理由から、生前に相談する方が増えています。

生前に葬儀社を決めていなかった場合、病院で逝去となると、短時間で葬儀社を決めなければなりません。病院によっては、2時間程度で故人を安置場所に搬送することを求められる事もあります。

冷静に良い葬儀をする為にも事前に準備出来るのであれば、事前に準備していきましょう。葬儀社を選ぶ際には、複数の葬儀社から資料や見積もりを取り寄せ、充分に比較することが大切です。

 

(3) 医師から死亡診断書を受け取る

 

(4) エンゼルケア(清拭)

死化粧・エンゼルケアとは、ご遺体を清め、髪や顔などを整えて化粧を施すことをいいます。
ご遺体が安らかで美しくみえるように、また亡くなる前の苦しみの跡が残らないように身だしなみを整えます。これは、故人への配慮であるほか、少しでもきれいな状態で送ってあげたいというご遺族の気持ちをかなえるものでもあります。

※死化粧やエンゼルケアは、看護師や納棺師や葬儀社などに行ってもらうほか、近年では介護士が行うケースもあります。

※死化粧・エンゼルケアには、故人の死にゆっくりと向き合という、ご遺族の心のケアの意味もあります。看護師などご遺族の方以外が行う場合でも、方法についてはご遺族の意向が尊重されます。病院に任せる場合でも進め方などで気になることがあれば相談した上で行ってもらいましょう。宗教上の決まりがある場合なども、事前に打ち合わせをしておきます。また、看護師とご遺族が一緒にケアを行うケースもあります。

 

(5) 葬儀社を呼ぶ

 

(6) 安置先へ搬送・安置

息を引き取られてから納棺するまでの間、決めた場所にご遺体を置いておくことを「安置する」と言います。
死亡判定を受けてから、ご遺体をご自宅もしくは安置施設に移しますが、病院の霊安室や警察署の霊安室では長い時間ご遺体を安置しておくことができません。
そのためご遺体の安置場所と搬送方法は、葬儀の詳細を決めるより前に決めなければなりません。

ご遺体を安置する場所は大きく分けて、3つあります。
1ご自宅
2斎場・葬儀社の安置所(安置室・霊安室)
3民間業者の安置所(安置室・霊安室)

※安置する場所や安置する方法によって手順や金額、残された遺族が準備することが変わってきますので、ご遺体の安置に関しても葬儀と同様、内容を確認して決めましょう。
なお、宗教・宗派によっては、安置場所が決まっていることがありますので、併せて事前に確認しておくと良いでしょう。

 

(7) 葬儀の打ち合わせ

 

(8) 参列者に連絡

<訃報の連絡は電話で>
訃報連絡は迅速かつ確実に伝える必要があるため、電話が適していると言われております。ただ最近は、メールやSNSで連絡する事も一般的になっております。電話やメール、SNSなど「連絡する方との関係」を考慮しながら、あらゆる方法でコンタクトしましょう。
訃報を連絡する順番として関係が近い順に連絡していきましょう。
① 家族など親族
② 故人の友人、会社関係等
③ 隣近所(必要に応じて)

 

(9) 湯灌・納棺

— 湯灌(ゆかん)
納棺の前には、湯灌をすることがあります。湯灌とは、故人を水で洗い清める儀式のこと。生前の穢れを落とし、同時に生に対する煩悩も洗い流すという意味が込められています。

— 納棺は故人の「死」と向き合う大切な儀式
納棺とは、故人の身支度を整え、棺に納める儀式です。「納棺の儀」とも言われ、棺に納める際には死装束を着せ、旅立ちの準備を整えてあげるという意味が込められています。
納棺の儀には遺族が参加し、進行は葬儀スタッフや納棺師によって行われます。儀式の進行はプロの方にお任せした方がスムーズですが、一緒に参加させてもらうこともできます。故人の旅支度をするのはつらいと感じるかも知れませんが、可能であれば一緒に参加するようにしましょう。納棺の儀は、故人の「死」と向き合う大切な儀式でもあるからです。遺族が納棺の儀に積極的に参加すれば、故人をあたたかく送り出すことができるでしょう。

 

(10) 通夜

通夜とは、葬儀の前夜、親族や故人と親しかった人々が故人のそばに集い、夜を徹してその霊を守り、慰めるというものです。最近では夕方から夜にかけて、数時間の通夜を行う半通夜が大半を占めております。
参列者が解散した後、近しい遺族のみ葬儀式場や斎場などに残り、故人の傍らで夜を過ごします。ただし、式場によっては、宿泊、または仮眠施設がなく、夜間は出入りできない場合もあるので注意が必要です。

近年では「葬儀に行けないからお通夜に弔問しよう」という考え方が慣例化してきました。

(11) 葬儀・告別式

亡くなった当日や翌日の夜に行われるのは「通夜」ですが、通夜の翌日に行われる儀式は「葬儀」や「告別式」と呼ばれます。

「葬儀」と「告別式」は、別の意味を持っています。葬儀は宗教的な儀式です。仏式では、故人に仏の弟子としての戒律(かいりつ)を与え、浄土へ導く意味が込められています。

一方、告別式は社会的な式典です。死を公示するとともに、世間的な付き合いの中で故人と親交のあった人たちが、最後の別れを告げるものです。葬儀とは異なり、本来宗教的な関わりはありません。

本来は、葬儀後いったん僧侶が退席し、改めて入場して告別式を行うものですが、現代では時間内におさめるため儀礼が簡略化され、葬儀と告別式を続けて行ったり、まとめて営んだりすることも多くなっています。このように現在は、故人や遺族の意思を尊重した葬儀・告別式を行うための選択肢が増えております。

(12) 出棺

告別式が終わると、棺を式場中央に配置するなどして、最期の対面になります。

祭壇に飾っていた花を切り、棺の中に入れたり、故人の愛用品や枕団子、枕飯を収めたりします。火葬場では規定によりお顔を見てのお別れができない場合も多いですので、親族や会葬者にとっては、故人との最期の対面の時間になります。

棺は、ご遺体の足を先にして、複数の男性の手で運び出します。喪主は位牌を、遺族代表が遺影を持ってそのあとに続きます。

霊柩車が動き出したら、合掌してお見送りします。

(13) 火葬・埋葬

火葬場では火葬許可証が必要になります。葬儀社に一任している場合も含め、この書類がなければ火葬できなくなるので、確認が必要です。

火葬の際には、棺の中に、故人の思い出の品などの副葬品を入れてあげたくなるものですが、自治体によって、副葬品の注意書きがあります。

公害、燃焼の妨げ、設備故障の原因になるもの、遺骨に付着するなどして、損傷の原因になるものなど理由はさまざまです。

どうしても持たせてあげたいものがある場合などは、事前に葬儀社の担当者や火葬場に確認されておかれるとよいでしょう。

また、納骨の際には、火葬執行済の印が押された火葬許可証(=一般的に「埋葬許可証」と呼ばれているもの)、墓地の使用許可証、印鑑などが必要になります。それらをそろえて、納骨する墓地や霊園に提出しましょう。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.