葬儀について

(すべきこと5)葬儀社との交渉、打合せ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

葬儀について、全て葬儀社任せになってしまいがちなのが、葬儀の打ち合わせです。

しかし、後悔しない葬儀を行うためには、しっかりとした交渉と事前調査が必要です。

後悔の無い葬儀を行う為の、注意点にはどんなことがあるでしょうか。

一般の人は葬儀に関してはほとんど知識がありませんし、時間的にも精神的にも余裕がない中で、専門家の葬儀社と話をすることになります。

しかし、このような状況下でもしっかりとした交渉は不可欠です。

 

<ポイント>

1.自分の希望をはっきり主張しましょう。

2.説明内容で分からない点や引っ掛かる点を自分で納得するまで聞きましょう。

3.他社のサービス内容を調べ、サービス内容が高すぎないかどうか、比較、判断するようにしましょう。

 

<その他の注意点>

(1)人によっては、値段が安いことも重要かもしれませんが、問い合わせの対応の中で、葬儀社の対応の良さ、悪さを感じることが出来ます。精神的な余裕のない状況で、葬儀社と一人で対応するのが不安な方は、信頼できる人にお願いしたり、複数人で交渉するのが良いでしょう。

(2)サービスのランクをがあると、真ん中を選びがちです。「値段」と「サービス」のランクは必ずしも比例しません。「サービス」や「割引」「無料」といった言葉で、安易に判断しないようにしましょう。
予算決めて、それ以上は払わないと言う姿勢で交渉することも良いでしょう。仕出し料理や返礼品、生花も値段と内容を確認して、自分達の納得の行くものにしましょう。納得が行かないサービスがあれば、リクエストしましょう。葬儀社を通さずに直接業者に頼むことができる場合もあります。
項目の中で、よく分からないものや、常識的に考えて、値段が高すぎるのではないかと思うものがあれば、説明を求めましょう。当たり前のことですが、不要だと思ったものは断りましょう。

 

<病院から紹介された葬儀社>

多くの人は病院で亡くなります。まず、必要なのは、病院からのご遺体の搬送です。病院から紹介された葬儀社に搬送を依頼し、そのまま葬儀も依頼することも多いでしょう。しかし、紹介された業者だからといって良い業者かどうかはわかりません。

まず,なるべく病院に長く安置してもらうように交渉するとよいでしょう。

難しそうであれば、遺体の一時保管を行ってくれる専門施設がある場合もあります。

搬送をどの業者に依頼するか、どこに搬送するかは、葬儀まで決めることにつながります。

しっかりと調べ、後悔の無い葬儀を実現させましょう。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.