相続について

相続税はどのくらいの金額になる??相続税の計算方法!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「相続税の計算方法」

相続税の財産の評価とは??

相続税額は、「財産をどのように評価するのか、どのくらいの相続税になるのか」気になる方が多いのではないでしょうか。

相続財産は、現金や預貯金、株式、公社債、投資信託だけではなく、土地や家などの不動産、貴金属、絵画等も含みます。

相続税額を計算するには、その価値を金額で評価する必要があり、その評価額に基づいて、相続税が決定されます。

 

「相続財産の評価額」

相続財産の評価は、原則として相続開始日(被相続人が死亡した日)の時価で行われます。
時価とは、その日時点での価格を指します。評価は専門の税理士に相談した方が良いでしょう。

ここでは、評価額の目安を記載させて頂きます。

 

「相続税計算における主な財産の評価方法、評価の目安」

1.宅地
路線価方式または倍率方式 時価の8割

2.家屋
固定資産税評価額 時価の4~6割

3.預貯金
元本+解約利子の手取額 or 解約手取額

4.上場株式
(1)被相続人が死亡した日の終値
(2)被相続人が死亡した月の終値の月平均額
(3)被相続人が死亡した前月の終値の月平均額
(4)被相続人が死亡した前々月の終値の月平均額
※上記のいずれか低い額
上記または、売却手取額

5.利付公社債
発行価格+既経過利息の手取額 or 上場相場または気配相場+既経過利息の手取額のいずれか低い額or 売却手取額

6.割引公社債
発行価格+既経過償還差益 or 上場相場または気配相場のいずれか低い額 or 売却手取額

7.証券投資信託
基準価格 or 売却手取額

8.ゴルフ会員権
課税時期における通常の取引価格の7割 or 時価の7割

9.宝石・貴金属
再購入金額 or 時価

10.借入金
要返済額 or 借入残高

 

「宅地、不動産の相続について」

相続財産として現金や有価証券が相続される場合は、それらの時価が課税対象となるため相続税が高騰しがちです。しかし、相続財産としての不動産価値は時価ではなく相続が開始される時の状況に左右され、固定資産台帳や路線価などから算出された評価に対して課税されます。

不動産を相続する場合は、さまざまな状況が考えられそれらに対する配慮がなされており、一定の条件に該当すれば相続税の負担軽減措置や特例を受けることができるため、現金や有価証券を相続するより不動産を相続したほうが相続税の負担を軽くすることができるケースがあるのです。

 

「不動産の評価額を算出する方法」
土地の評価額は、路線価方式か倍率方式のどちらかによって算出されます。路線価が定められている地域の土地であれば路線価を用い、路線価が定められていない土地については倍率方式が用いられる点に注意しましょう。

相続税における土地の評価額は、路線価方式もしくは倍率方式で算出された金額の80%程度の評価額となるケースが多いです。

路線価とは、市街地の土地など、土地に面する道路に定められた価値です。路線価方式ではこの路線価をもとにし、特殊な宅地に対して補正がおこなわれたうえで土地の評価額が算出されます。

算出には以下の式が用いられます。

土地の評価額 = 路線価 × 面積 × 補正率

特殊な宅地の例は以下の通りです。

• 間口が小さく狭い場合
• 奥行きが長くて大きい場合
• 宅地が整形されていない場合
• 私道に隣接する場合
• 騒音・日照不足・異臭などで土地の価値が低下している場合

 

 

-相続について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.