お墓について

お墓選びの基礎!お墓の石はどれを選べば良い?品質?値段?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

お墓の「価格」で「価値」は決まりません!

お墓の価格は、墓地の広さ、使う石材、墓石の大きさ、形やデザイン、地盤で大きく変化いたします。ただ、お墓の価値は値段で決まるわけではありません。高いお墓が供養になるわけでも、安いお墓が失礼ということもありません。大切なことは、お墓を立てた後に、お参りに行って、お墓を掃除して、手を合わせること。それを繰り返すことで「故人に何かをしてあげたい」という想いが徐々に達成されていきます。

 

なぜ墓石の価格や相場はわかりにくいのか?

お墓の価格の目安としては、一般的には70万円~200万円くらいが相場となります。ただし、お墓を建てる場所がどのような広さなのか、石はどれを選ぶのか、墓石以外の部材をつけるかつけないか、などで価格は大きく変化します。ここでいう「お墓」とは、墓石そのものを表します。「墓石」を建てる「墓地」「墓所」は、永代使用料と呼ばれる費用が別途必要となります。土地を用意してから、その上に住宅を建てる場合、「土地の広さはどれくらいか」「鉄筋なのか木造なのか」「駐車場はつけるか」など、いろんな条件で値段が変わってしまいますよね。これとまったく同じで、お墓を建てる場合も、まず墓地を用意して、それからお墓を建てます。そうすると、墓地の広さやお客様のニーズによって、必要なものが変わり、値段も大きく変わってくるということになります。

 

お墓は「墓石」だけをポンと買えばよいものではありません。

既製品をいきなり購入するのは心配です。あなたの墓地にそのお墓が置けるかどうかはわかりません。土地が狭くて置けなかったり、逆に広い土地に小さすぎる墓石をおいても見栄えが悪くなってしまうのです。それに、「既製品」だから安いとも限らないようです。設置費用や、基礎工事費用、他の部材などは当然別費用なので、墓石が30万円の格安のものでも、結局100万円を超えてしまったなどということも聞いたりします。

つまり、「お墓を建てる」ということは、まず、永代使用料の相場も含め、墓地をきちんと確認し、どのようなお墓を建てられるかという制限を確認した上で、お客様のニーズとご予算に合わせてご相談するというプロセスを経ないと、価格は決まらないものなのです。

 

国産と外国産の石、どっちを選ぶと良いの?

国産の石は、耐久性があり、見た目の美しさが長続きするものが多いです。しかし、国産の50種類を超える石の中には、もちろんそうでないものもあります。また反対に、外国産でも、耐久性が高い石と、そうでないものがあります。ですから、一概に、○○産は素晴らしくて、△△産の石は品質が悪い、とは言えません。それぞれひとつひとつの石の種類によって、特徴が違う ということを、頭の片隅において、墓石選びを考えていくとよいですね!

 

そもそもお墓に適した、良い石とは?

初めて墓石選びをされる際に、多くの方がおっしゃること。それは、「どのお墓の石が良いのか素人には分からない」「どの墓石も同じに見えてしまう・・・」といったものです。つまり、墓石の選び方が、全く分からないってことですね。たしかに、これまでに、何度もお墓参りに行っていたとしても、お墓の石の種類に着目して、お参りする機会は少なかったかもしれません。

お墓に適した石の種類を選ぶために、まず必要なこと。それは、判断する基準を持つこと です。 それでは、どんな基準で墓石を判断し、選べばよいのでしょうか?多くの方が感じる基準でいうと、次の2つの特徴があげられます。

 

●耐久性が高いこと
●見た目の美しさが長続きすること

この2つが、多くの方にとって、良い墓石選びの基準となるようです。

 

要素1.お墓を建てる広さと場所

お墓の値段の基準となるのは、第一に広さです。お墓の広さというのは、墓石の大きさではなく、墓所(個人で持っているお墓の敷地)の広さのことです。なぜ広さによって変わるかというと、お墓にも基礎工事が必要だからです。お墓は、単に敷地に墓石が置いてあるわけではありません。お骨を納めるための納骨室の設置も必要ですし、大切なお墓を守るための地盤もきちんとつくらなければなりません。家を建てるときには基礎を打ちますよね。それと同様です。また、外柵を設置する場合も、広さによって価格が変わります。

 

必ず自分の目で墓石や墓所の雰囲気や大きさを確認しましょう!

「墓所は広いけれど、墓石は小さくてもいい」という方がいるかもしれません。あるいは、逆に「墓所いっぱいに大きな墓石を建てたい」という方もいるかもしれません。まず墓地に行って、墓所の広さや周りの雰囲気をご自分の目で確認してから、墓石の大きさやデザインを考えることをお勧めします。

 

お墓の場所について

まったく同じお墓を作る場合でも、区画整理された墓地と、山間部にあるような墓地では、費用が変わります。区画整理された墓地であれば、工事に必要な部材や機材、石材の運搬もトラックなどで比較的簡単に行えます。ところが、山奥にある墓地や車が入れない寺院などでは、墓地まで石材などを搬入する通り道を確保することから始める必要がありますし、その運搬の費用もかかります。また、場所によっては、電気や水がないような場合もありますので、その費用も必要です。お墓を建てる場所によって、石材が限定される場合もあります。海が近い墓地では、潮風による塩害があるので、その影響を受けにくい石材を選ぶ必要があります。また、路線沿いや幹線道路沿いは、日常的に振動がありますから振動に強い構造にしなければなりません。

建てられる場所によって、使う石材も変わります。たとえ同じ石材を使ったとしても、お墓の構造、運搬費用などが変わるので、広さと場所によって価格が変わるというわけです。

 

要素2.石の価格と大きさ・形

お墓を作る原料である石材の価格が違えば、当然お墓の価格は変わります。石選びは非常に難しいのですが、気をつけなければいけないのは、「高い石が必ずしも良い石ではない」ということです。一般的に良い石は、経年変化の少ない石だといわれています。特徴としては、水を吸わない、硬いということです。けれど、それだけで価格が決まるわけではありません。

最近ではお墓の形もバラエティに富んでいます。

しかし、ご供養はお墓の形に左右されるわけではありません。故人やご先祖に対して、手を合わせて心をこめてお参りする気持ちが、なによりも大切です。昔ながらの和型、外国の墓地にあるような洋型、個性を生かしたオリジナルのもの。デザインは宗教やお墓の場所によってある程度規制がある場合もありますが、大切なのはご家族が足を運びたくなるようなお墓であることだと思います。

実際に足をお運びいただき、ご家族で納得できるお墓をお探しください。

国産、外国産など、産地で価格が大きく左右されるわけでもありません。人気があるために、高価な値段がついている石もあります。石の良し悪しや価格が決まる要因は、個人的な趣味や嗜好が大きな比重を占めています。見た目にこだわる方もいれば、故人の生まれ故郷で採れた石を使いたいという方もいます。ですから、石を選ぶ際には「この石がいいなあ」というインスピレーションを、まず大切にしてください。

 

【石の基準となる数値】

●吸収率
水の吸い上げ率です。吸収率が低いほうが水を吸い上げません。

●圧縮強度
石に一定の圧力を加え、どれだけ形を保てるかという値です。数字が多いほうが頑丈です。

●見掛け比重
水に対してどのくらいの重さがあるかという数値です。数字が多いほど重い石です。

次に石の大きさと形です。
大きな墓石であれば石をたくさん使いますので、高くなるのはお分かりでしょう。
そこには、形も関係しています。結論からいうと、凝ったデザインの墓石ほど高いということです。墓石は石のブロックを削って作ります。たとえば半円のお墓を作ったりする場合、削った部分も含めて石材を使うことになります。ですから、大きさというのはできあがった墓石の大きさではなく、加工する前の石材の大きさということになります。墓石が小さいからといって、値段が安いとは限らないのです。

 

要素3.墓石以外の墓具の有無と大きさ

お墓には、墓石以外にも、外柵や墓誌、卒塔婆立て、灯篭などを設置する場合があります。墓具があるかないかはもちろん、その大きさによっても、お墓の総額は変わってきます。墓具はどうしても必要というものではありません。墓地の大きさや雰囲気、またご家族の意向に沿って、故人様やご先祖様にふさわしい墓具をご検討されるといいでしょう。

-お墓について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.