葬儀について

香典のマナー!突然のご不幸に慌てず対処

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

急な不幸のお知らせを聞き、何をどうしたら良いか分からず、慌てふためく事はありませんか?香典は?どう書いたらいいの?金額は?
いざとなると香典の事、何も知らなかった。そんなことのないように、学んでおきましょう。

宗教によるしきたりや、故人との関係により、香典の金額もそれぞれ違います。ご遺族に対し失礼にならない様に、マナーをしっかりと理解して、故人を送り出しましょう。

この記事を読めば、香典の知識を得ることが出来ますので、慌てずに冷静に対処出来るようになります。早速、香典袋のマナーを覚えていきましょう。

 

 

 

香典とは?

香典とはお線香やお花、抹香などの代わりに霊前に供えるお金です。日本では葬儀に大きな費用が掛かります。そのため、金銭的な部分でも、助け合う意味も込めて香典を御霊前に供えることが風習となり習慣となりました。

お通夜や葬儀、告別式の時などに香典を持参するのが一般的です。通夜か葬儀、どちらかに出席する場合は、そのどちらかに持参します。どちらにも参加するからと言って、どちらにも香典を持参するのは、縁起が悪い事とされていますので、どちらか一方に持参しましょう。この時、宗派や宗教、土地柄によって表書きや香典袋、のし等も違ってきますので、事前に確認が必要になります。

 

 

香典袋の種類と選び方

香典袋と言えば、水引が印刷された簡易的なものから、高級和紙が使用されたもの、銀を使った豪華なもの等、大きな差があります。どれを選んだらいいか迷いますが、どれでも良いという訳ではありません。どれを選ぶかは、包む金額によって変わってきます。豪華な香典袋に少ない金額ではバランスを欠きます。ですので、包む金額によって選びましょう。一般的に包む金額が5千円以下の場合は、水引が印刷されたものが良いでしょう。一万円を超える場合は、印刷ではなく実際に水引のついたものを選ぶようにしましょう。

水引には、黒白や双銀など種類があり、1万円から2万円の場合は、黒白や双銀の7本から10本の水引を選びます。3万円から5万円と高額を包むときは、双銀の10本以上のデザインされた水引のものを選ぶと良いでしょう。

さらに10万円などの高額な金額を包む場合は、高級な和紙を使用した豪華な香典袋を選びます。香典袋に蓮の花が描かれているものがありますが、これは仏式のみの使用になります。
今は簡易的なものならコンビニなどにも売っていますので、上記を参考に購入しましょう。店先でどれが良いか迷った時は、袋の裏面に、金額と目安が記入されているものもありますので、参考にしてみてください。

 

香典袋の書き方

香典袋(不祝儀袋)は水引より上に「表書き」、水引より下には「名前」を書きます。中袋には、表面に金額、裏面に住所や氏名を記入します。
中袋がない場合は、香典袋の裏面に住所や氏名、金額を記入するようにします。

香典を連名で供える場合ですが、二人の連名の場合、目上である人が香典袋の中央に名前が来るように書き、その左隣にもう一人の方の名前を書きます。ちなみに夫婦連名の場合は、中央に夫の氏名、そしてその左横に妻の名前のみを書くようにします。
三人以上の連名である場合は、香典袋と別に白い無地の便せんを用意して、目上の人を一番右に、住所氏名を記入していきます。

香典袋に書く際の基本として、毛筆か筆ペンを使用し「薄墨」で書きます。薄い墨で書くことにより、故人への悲しみを表すとされています。ボールペンなどで記入することは、マナー違反となりますので注意が必要ですが、中袋に関してはボールペンなどでも良いとされています。今は薄墨の筆ペンやサインペンも売っていますので、活用してみましょう。
香典は、残された遺族への「今後の為に役立ててほしい」という意味合いもあり、香典返しを辞退したいという場合もあります。他にも、会社関係のため連名で少量ずつ出し合ったので辞退したいなどの場合もそうです。香典返しを辞退したい場合は、中袋の住所氏名の横に「お香典返しはご辞退申し上げます」や「お返しのご配慮は不要でございます」と書き添えるのが良いでしょう。他に、一筆箋に、宛名・本文・氏名を書き、香典袋の中に入れる方法もあります。本文とは「心よりお悔やみを申し上げます。なお、勝手ながらお返しのご配慮は不要でございます」など、お悔やみの言葉とお返しは不要であることを記載します。

 

 

表書きの書き方

表書きは、故人の宗教や宗派により、書き方が変わってきます。ですので、事前に調べておくと良いでしょう。では、宗教宗派により、どんな書き方になるのかをご紹介していきます。

 

仏教・仏式の表書き

仏教・仏式の場合、亡くなって四十九日の法要までは、まだ御霊としてこの世にいらっしゃるとされており、「御霊前」「御香料」「御香典」「御悔」などが使用されます。一般的には御霊前と書くことが多いです。御霊前は多くの場合使用できますので、御霊前と書くと間違いないです。
ただし、浄土真宗の場合、亡くなるとすぐに仏になるという教えのため、「霊」という文字は使いません。そのため、御霊前と書くことは失礼にあたります。浄土真宗の場合は「御仏前(御佛前)」と書きます。

 

神式

神式(神道)では、「御榊料」「玉串料」「御玉串料」「神饌料」「御饌料」「御神前」等があります。御霊前と書いても良いのですが、御神前に捧げるため「仏」とは違います。ですので、御仏前は使用出来ません。

 

キリスト教

キリスト教では2つの宗派に分けられます。
カトリックの場合には、「お花料」「御花料」「御ミサ料」がありますが、一般的には「御花料」と書きます。

プロテスタントの場合には、「お花料」「御花料」「献花料」「忌慰料」等と書きます。
ちなみに、カトリックの場合であれば、「御霊前」でも失礼には当たりませんが、仏にはなりませんので「御仏前」は不適切になります。プロテスタントの場合「御霊前」では不適切となりますので、使用することは避けましょう。

事前に故人の宗教を確認しておくことが出来ると良いのですが、突然の事で詳しい宗派などの確認が出来ない場合は、仏式であれば「御香料」キリスト教であれば「御花料」と書けば、まず間違いないでしょう。

 

香典の相場は?

香典は、故人が自分にとってどんな人物であったかにより、包む金額も変わってきます。相場をご紹介します。
・両親の場合 5万円から10万円。
・兄弟の場合 3万円から10万円。
・祖父母の場合 1万円から5万円。
・叔父や叔母の場合 1万円から3万円。
・友人の場合 5千円。
・近所の方の場合 3千円から5千円。
・仕事関係の場合 3千円から1万円。
あくまでも相場であるため、包むときは周囲に確認すると良いでしょう。両親や兄弟など、自分が喪主を務める立場である場合は、香典は必要ありません。
金額は4枚や9枚という数字や、2枚や6枚の偶数も縁起が悪いとされています。

 

お金の入れ方

お金の入れ方にもマナーがあります。
なるべく新札は使わず、かといって汚すぎるお札もNGとなります。新札を使わない理由としては、前もって用意していたように感じられるのを避けるためです。どうしても新札しか用意できなかった場合は、あらかじめ折り目を付けてから、入れるようにしましょう。
お札の入れ方は、お札の顔の方を下に向けるようにして、裏向きに入れるようにしましょう。人物が見えない方が裏です。

 

 

香典の包み方と持参の仕方

香典は素手で持参するのではなく、袱紗(ふくさ)に包んでいくのがマナーです。袱紗は、御不幸の時には紫・紺・グレーなどの色を使用します。お祝い事の時には、赤や朱色などの明るい色を使用します。用途により使い分けるために、持っておくと便利です。
香典は、紺や紫などの袱紗に包み持参しましょう。包み方は、袱紗を敷き香典袋の表側を上向きにして置き、右、下、上、左と包み、はみ出した部分を内側におるようにします。

渡す際は、受付で「この度は御愁傷さまです」「突然の事で、お悔やみ申し上げます」など挨拶をするか、軽く会釈するなどして、香典の表を相手に向け、両手で渡すようにします。「ご冥福」という言葉は、宗派によっては使えませんので注意してください。
受付などがない場合には、祭壇で遺影の前で手を合わせ、祭壇の上に香典を置きましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?香典の包み方や金額、表書きについてご紹介いたしました。宗派により、表書きや挨拶の仕方などに、注意が必要になる場合があります。お金を包む際は、金額に見合う香典袋を用意しましょう。突然の事で、宗派を確認できない場合についてもご紹介いたしましたので、あとは故人を偲ぶ心を大切にするとともに、残されたご遺族の方への気遣いも忘れないことも大切です。この記事を参考に、失礼のないようにマナーを持って弔問出来るようにしましょう。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.