葬儀について

【体験談】費用トラブルに注意!葬儀社の選び方

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

 

「葬儀社の見積もりより高くない?」そんな経験をしたくないですよね?故人やご遺族の意に沿わない葬儀を行わない為にも無用な葬儀費用トラブルにならないように葬儀社の選び方を実体験とともにご紹介していきます。

 

葬儀費用の仕組み・内訳を知る

おおまかに4つの項目があり、「施設にかかる費用」、「葬儀の施行にかかる費用」、「参列者のおもてなしの費用」、「宗教者へのお礼、心づけ」があります。この4つの項目を足した総額が葬儀費用となります。

この4つの費用の仕組みを覚えておいて頂けたら確実に費用トラブルになることはないと思っています。

 

施設にかかる費用

「施設にかかる費用」とは、葬儀を行うにあたって必要な会場に支払う実費のことです。安置料金、式場仕様料、火葬料です。

 

葬儀の施行にかかる費用

「葬儀の施行にかかる費用」とは、通夜、告別式を行うために必要な費用です。祭壇、お棺、遺影写真に関するもの、遺体の保存処置に使用するドライアイス、車両費、骨壺、骨箱の費用、看板、テナント類の費用、受付セット、焼香具セット、人件費があります。

 

参列者のおもてなしの費用

「参列者のおもてなしの費用」とは、会葬礼状、返礼品、食費があります。

 

宗教者へのお礼、心づけ

「宗教者へのお礼、心づけ」とは、謝礼となりますので葬儀社への支払いには基本的に含まれません。

葬儀社によっては葬儀プランや見積もりに書かれている金額が、最終的に支払わなければいけない金額ではない場合があります。

わたしはおじいちゃんが亡くなってからの葬儀社選び、見積もりを慌ててやりました。

内容確認の項目が多過ぎてすべての項目をチェックしておらずだいたいの内訳と葬儀費用しか確認していませんでした。

基本的な項目はどの葬儀業者でも同じですが慌てて葬儀プランを選んでしまうとおもわず不透明な葬儀費用になってしまう恐れがあります。

 

葬儀の費用に関するトラブル

葬儀にかかる費用は決して安くはありません。葬儀の費用のトラブルは年々増加傾向にあるようです。
そこでなぜトラブルになるのでしょうか?

 

トラブル1  葬儀開始後に高額な追加料金が発生した

これが最も多いトラブルです。最初に提示された金額に、本来必要なものが入っておらず、葬儀開始後に多くの追加費用が発生してしまうケースです。

葬儀の知識をもたない方に対して、分かりにくい見積もりや追加前提に葬儀プランを提示してきます。

 

トラブル2  見積もりと実際の金額が違う

葬儀プランや見積もりに書かれている金額が、実際に支払う金額と大きくかけ離れていたというケースです。葬儀社によっては、事前に提示する金額が葬儀にかかる費用にうち、一部の項目のみを表すことがあるのです。

 

トラブル3  互助会で積み立てたのに、結果的に高くなった

互助会とは毎月一定額の掛け金を積み立てることで、もしものときに突然の多額の出費に備えることができるサービスですが、この積立金は葬儀費用の全額をカバーするものではなく、手出しが発生してしまいトラブルが起きてしまいます。

 

トラブル4    病院から紹介された葬儀社

病院から紹介された葬儀社にお任せしたら思った以上に多額の葬儀費用になってしまった。トラブルを避けるためには、事前に葬儀の準備を行う、葬儀費用の仕組みを理解することが有効です。お金でトラブルになるような葬儀業者は悪い葬儀業者と見てしまいますよね。悪い葬儀業者の特徴をおおまかに挙げてみます。

 

 

悪い葬儀業者の特徴

・葬儀慣れしていて、仕事としてこなしているだけになっている
・詳細な打ち合わせをしない
・見積額が大幅に値引きされている
・スタッフの身だしなみやマナーが悪い

他にもあるかと思いますが、見積もりの段階で違和感がありスタッフの対応に不満があるようでしたら他の葬儀業者に変えてしまうのもアリかと思います。

 

良い葬儀社の選び方

葬儀を執り行うには、どの葬儀社を選ぶかによって全く違った葬儀になってしまいます。

人生において葬儀を執り行うのは、そんなにあることではないと思います。いざとなるとどの葬儀社を選んでいいかわからないのは当然のことです。

私は突然の訃報に悲しみが訪れ、動揺してしまい葬儀社の選定をしなければならず葬儀後に後悔をした、という経験があります。

最近では生前から葬儀の計画を立て、どうしていくか自身で決めることができる生前予約をする人が増えてきています。

葬儀社選びで失敗しないようにやはり信頼できる葬儀社に依頼したいですよね。

 

葬儀社の探し方

1. 病院からの紹介

2. 自分の知人がいる葬儀社

3. 知人からの紹介

4. 広告から見つける

5. ネット検索

 

探す方法としては上記のいずれかと思います。
この中から葬儀社を選定していくことになります。

わたしもそうでしたが多くのひとは葬儀社を知り合いの紹介で決めているとかと思います。また、大手で有名な葬儀社は安心があるように感じます。

では何を見て信頼できる葬儀社と判断ができるでしょうか。そこでまずは注目するべきポイントを見てみましょう。

 

葬儀社の選び方

数ある葬儀社の中から葬儀社を選ばなくてはなりません。葬儀の形態や料金、信頼性や安全性など様々な条件を考慮して選んでいきます。

 

良い葬儀社選びのための注目ポイント

1. 店舗を構えている

まずは葬儀社が存在しないことにはどうしようもありません。病院の紹介、自分の知り合いがいる、知人の紹介ならわかりますがネットで選ぶときはちゃんと葬儀社があることを確認しましょう。

 

2. スタッフの対応がいい

見出しなみが良く丁寧な応対をしてくれれば安心ですね。

 

3. 担当者の応対が丁寧

お葬式の良し悪しは担当者次第とも言えます。葬儀の当日は、ご遺族は会葬者に挨拶など慣れない葬儀を執り行うことでなかなか動きが取りずらくなってしまいます。葬儀社の担当者が親身になって動き回り、気配りをしてくれるかは大事なポイントになります。

 

4. 葬儀の希望をしっかり聞いてくれる

希望をきちんと聞いてくれてプランをたて見積書を提示してくれる。
故人の希望や遺族の希望の葬儀を執り行うべきでありどのような葬儀にしたいかが明確でない場合に親切にアドバイスをしてくれる。

 

5. セット料金とオプション料金が明確

見積の段階で費用をどこまで設定していくかをキチンと説明してくれる。葬儀社のホームページやパンフレットはだいたいがセット料金での費用が掲載されています。ここが一番大事なのですが、セット料金には何が含まれているかを確認しオプション料金として何を追加していくかを葬儀社とよく相談したうえで契約しましょう。

 

6. 契約を急がしたりしない

説明や見積書の提示がままならないまま契約を急がせる葬儀社がいます。後々トラブルに発展する可能性が大きいです。良い葬儀社選びをする際に、どんな葬儀にしたいかを考える必要があります。自分の希望する葬儀を丁寧な対応、分かりやすい説明、事前に明細のはっきりした見積書を出してくれて詳しく説明してくれると非常にありがたいですね。

亡くなってから葬儀社を選ぶ場合、家族が慌てて選びます。

一緒に暮らしていたり、身近に住んでいたら対応がすぐにでもできますが、遠方に住んでいたり、海外に住んでいる家族はすぐに対応ができません。

情報が氾濫する現代で安心して葬儀社を選べるかは難しい状況になってきています。

トラブルになるのは見積もりより請求された金額が高くなることです。
費用の仕組みを理解して葬儀後に後悔のない葬儀社選びをして頂けたらと思います。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.