葬儀について

違いがわかる!カトリックとプロテスタントの葬儀の基本

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

突然やってくる悲しい報せは、ただでさえ動揺してしまうもの。

その上、慣れないキリスト教式の葬儀に出席となると、

「やり方を知らない」「どんな準備をしたらいいのかわからない」と不安になってしまいますね。

 

日本でキリスト教式の葬儀を行う割合は、わずか1パーセント程度。

 

そのキリスト教でも「カトリック」と「プロテスタント」で、葬儀の進め方や考え方も異なります。

 

国際化が進むなか、プライベートやビジネスのシーンで、今後キリスト教式の葬儀に関わる場面がやってくるかもしれません。

 

その日のためにも、

「カトリック葬儀」と「プロテスタント葬儀」それぞれのマナーと基礎知識を身に着けておきましょう。

 

 

 

「カトリック葬儀」「プロテスタント葬儀」の違い

日本でキリスト教は「カトリック」と「プロテスタント」に大別され、それぞれ細かな点で違いがあります。

「カトリック」は伝統的で厳格なのに対し、「プロテスタント」は聖書を重んじ柔軟性のあるのが特徴です。

まずは、用語の違いから理解しておきましょう。

 

 

用語の違い

儀式の中心となる宗教者の呼び方が違います。

誤った呼び方をしないよう注意しましょう。

 

・「神父(しんぷ)」(カトリック)

・「牧師(ぼくし)」(プロテスタント)

 

礼拝の歌の呼び方も異なります。

 

・「聖歌」(カトリック)

・「讃美歌」(プロテスタント)

 

また、仏式に対し、キリスト教式の葬儀で覚えておきたい用語を挙げます。

 

・「献花」…仏式では「焼香」を行いますが、キリスト教式では花をささげます。

・「御花料」…仏式の「香典」に相当します。

・「献金」…カトリックの葬儀で教会に寄進するお金です。仏式の「お布施」にあたります。

・「ロザリオ」…仏式の「数珠」のようなもの。必ずしも必要ではありません。

 

 

葬儀の意味・考え方の違い

(カトリック)故人は神に委ねられ、キリストの再臨と死者の復活が願われます

(プロテスタント)故人ではなく神に祈りをささげ、遺族を慰めます

 

 

葬儀の受け入れの違い

(カトリック)葬儀が行えるのは、完全な信仰者とその家族が原則。

(プロテスタント)信仰者以外の人も葬儀を行ってもらえることが多いです。

 

 

葬儀の流れの違い

(カトリック)葬儀のあとに告別式が行われます。

(プロテスタント)葬儀と告別式は分けずに行われます。

 

葬儀に関して、カトリックとプロテスタントの4つの違いについて理解できましたか。

それでは次に、それぞれの葬儀の流れを詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カトリック葬儀」の流れ

カトリックの葬儀では、葬儀と告別式がはっきり分けられるのが特徴です。

 

 

終油の秘跡(しゅうゆのひせき)/塗油の秘跡(とゆのひせき)

臨終の時を大切にする考えから、危篤になった時点で神父に来てもらいます。この世との別れが安らかなものであるようにと祈り、額などに聖油を塗ります。さらに聖体拝領(後述)、お祈りを経て納棺となります。

 

通夜

プロテスタントでは「前夜式」と呼ばれるものです。親しい人が集まり、故人のことを語り合いながら飲食を共にします。

 

 

 

カトリック葬儀の流れ

1.入堂聖歌

2.開式の辞

3.葬儀のミサ(「言葉の典礼」「感謝の典礼」)

 

1.入堂聖歌

聖歌で神父が入堂します。聖水と祈りをささげ、棺とともに遺族も入場します。

 

2.開式の辞

祭壇に安置された棺に神父の手によって聖水がかけられ、開式が宣言されます。

 

3.葬儀のミサ

葬儀のミサでは、「言葉の典礼」と「感謝の典礼」が行われます。

 

「言葉の典礼」神父による聖書の朗読と説教、「感謝の典礼」は「聖体拝領」を意味しています。遺族によってパンとワインがささげられ、神父がそれを参列者に分けます。

この「聖体拝領」は「最後の晩餐(ばんさん)」を起源とした儀式で、ワインをキリストの血、パンをキリストの肉と位置付けてささげます。

 

 

 

カトリック告別式の流れ

1.入堂聖歌

2.聖歌斉唱

3.弔辞・弔電紹介

4.献花

5.遺族のあいさつ

 

1.入堂聖歌

葬儀のミサの時と同じように、神父と遺族が入場します。

 

2.聖歌斉唱

参列者が聖歌(レクイエム=鎮魂歌など)を斉唱し、神父によって告別式の開式が宣言されます。

 

3.弔辞・弔電紹介

神父によって故人の生前の略歴が紹介され、弔事や弔電が読み上げられます。

 

4.献花

仏式葬儀の焼香と同じように、喪主、ご遺族、ご親族、最後に一般の参列者の順番で行われます。

 

献花の手順

①自分の番が回ってきたら、祭壇前に進みお花を受け取ります。

②右手で花側を、左手で茎側を持ちます。

③遺影に対して一礼し、祭壇側に茎側が向くように花を時計回りに回し、献花台にお花をお供えします。

④前を向いたまま数歩下がり、ご遺族と神父に一礼して戻ります。

 

5.遺族のあいさつ

献花の前に行われることもあります。

 

 

 

 

「プロテスタント葬儀」の流れ

プロテスタントでは葬儀と告別式を分けずに行うのが特徴です。

 

聖餐式(せいさんしき)

病人が危篤の状態になるとに、牧師を呼び聖餐式(せいさんしき)を行います。カトリックと同じように、パンとワイン分け与える儀式です。この時点で病人にまだ意識がある場合はこれを共に口にすることもあります。臨終を迎えると、遺族が「末期の水」をとり、納棺となります。

 

前夜式

牧師を招き、賛美歌の斉唱、聖書朗読と祈りがささげられます。 献花を行うほか、簡単な食事を囲んで、故人をしのぶ茶話会を行う場合もあります。

 

 

 

プロテスタント 葬儀・告別式の流れ

1.入場

2.聖書朗読・祈祷

3.牧師による説教

4.弔辞・弔電紹介

5.祈祷・オルガン演奏(黙祷)

6.告別の祈り・献花

7.遺族あいさつ

 

1. 入場

オルガン演奏とともに牧師・棺・喪主・遺族が入場します。

 

2.聖書朗読・祈祷

牧師による聖書朗読と祈りが行われます。

 

3. 牧師による説教

故人の略歴や人柄の紹介、説教がおこなわれます。

 

4.弔辞・弔電の紹介

弔辞も故人との思い出を話す内容となります。

 

5.祈祷・オルガン演奏

演奏の間、参列者は黙祷をささげます。

 

6.告別の祈り・献花

牧師が告別の祈りをささげ、賛美歌を斉唱します。

牧師・喪主・遺族・親類・一般参列者の順に献花を行います。

 

遺族あいさつ

献花前に行われることもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「カトリック葬儀」「プロテスタント葬儀」でのマナーと注意点

御花料のマナーと相場

キリスト教では「香典」ではなく、代わりに「御花料」として包みます。包む金額は、故人との関係や自分の年齢によっても変わります。

 

御花料を入れる不祝儀袋は、ユリや十字架が描かれたキリスト教式専用のものを用いましょう。表には、「御花料」とフルネームを記入します。仏式の書き方である「御霊前」や「御香典」は、プロテスタントの葬儀では使用しないようにしましょう。

 

仏式の場合と同じように、故人と血縁関係が近いほど大きい金額を包みます。相場は仏式・キリスト教式で同じと考えてよいでしょう。

 

故人との関係と御花料の相場

両親    5万円~10万円

兄弟姉妹・その配偶者    3万円~5万円

祖父母 1万円~5万円

叔父・叔母・いとこ・甥・姪 1万円~3万円

嫁の実家・娘の嫁ぎ先    3万円~5万円

ご近所 3千円~1万円

会社関係者・友人 5千円~1万円

 

 

献花のマナー

献花は仏教でいう焼香のようなもので、祭壇に白い菊やカーネーションをささげます。

 

献花の手順

① 両手で花を受け取った後、遺族に一礼して献花台に進みます。

② 茎を祭壇に向け献花台に捧げます。右手で花側を持ち、左手で茎を持ちます。

③ 一礼して黙祷します。

④ 前を向いたまま数歩下がり、遺族に一礼して戻ります。

 

 

聖歌・賛美歌への参加

キリスト教式の特徴である聖歌・賛美歌は、強制的に参加しなければいけないというものではありません。ですが、事前に歌や祈りの一節が書かれた紙が配られるため、できるだけ一緒に歌うとよいでしょう。上手く歌えなくてもかまいません。参加しようという気持ちと姿勢がマナーとして求められます。

 

 

お悔やみの言葉は不要

キリスト教は死のとらえ方が仏教とは異なり、お悔みの言葉を必要としません。

死によって永遠の命が始まり、未来に復活する希望を与えられると考えられるため、亡くなったことは不幸なことではないという意識です。

声をかける場合は、「安らかな眠りをお祈りいたします」のように、故人の安寧を祈るようにしましょう。

 

 

仏式とは違うことを念頭に

キリスト教式の葬儀気を付けるべき点として、仏式の葬儀で使うような用語や仏具を使わないということが挙げられます。

例えば、仏式葬儀では宗教者である僧侶に「お布施」を渡しますが、キリスト教の場合は教会への献金という形で宗教者にお渡しするのが作法です。

表書きは「御ミサ料」と書きますが、プロテスタントでは使えませんのでご注意ください。

ほかにも、仏式で見かける「法事」や「法要」といった言葉や、花輪や供花も基本的に受け付けない立場なので、気を付けましょう。

 

 

 

カトリック葬儀・プロテスタント葬儀の料金は?

気になる葬儀の費用ですが、終活ねっとが2019年におこなったアンケート結果によると、全国の平均額は約135万で、年々低くなっている傾向がみられます。

そのなかでも、キリスト教式葬儀は仏式に比べて費用は安くおさえられ、半額以下になることも多いようです。

実際のキリスト教式の葬儀の相場については、カトリックで小規模な「家族葬」を行う場合20万円から50万円、「一般葬」(通夜・葬儀ミサ・告別式)を行う場合は50万円から120万円くらいになります。通夜を省略して葬儀と告別式のみを1日で行う「一日葬」であれば、カトリックの場合は30万円から40万円が相場と言われています。

 

キリスト教式の葬儀で必要な経費は、次のようなものがあげられます。

・神父や牧師への謝礼

・式場の利用料金

・教会への献金

・生花代

・オルガンなど演奏者への謝礼

・埋葬にかかる費用

仏式の葬儀の場合は、僧侶に支払う読経・戒名・その他お車代など高額になることが多いため、キリスト教より相場が高い傾向となっています。

 

とはいえ、葬儀の規模やプラン・オプションで葬儀の費用は大きく変わります。トラブルを避けるためにも必ず見積もりをして、予定外の経費が出る可能性なども事前に確認するようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カトリック葬儀・プロテスタント葬儀に参列する服装

急な参列で困るのが、「どんな服装でいけばよいかわからない」という問題。

キリスト教式の葬儀も仏式の場合と同じような服装でかまいません。

男性であれば喪服または黒系の上下のスーツに白いワイシャツ、黒のネクタイ、靴下、靴を着用します。金属系の腕時計やネクタイピンなど、光沢のあるものは避けましょう。

女性の場合は、喪服のほか黒のスーツやアンサンブル、ワンピースなどを選びます。教会での葬儀であれば、和装ではなく洋服の方が望ましいでしょう。バッグや靴など小物類も黒を使い、派手な時計やアクセサリーは避けましょう。ネックレスを付ける場合には真珠で一連のもので品よくまとめます。

また、メイクも節度を守ったナチュラルメイクを意識しましょう。かといって、ノーメイクもいけません。派手なマニキュアもお葬式当日は避けた方が無難です。

また、カトリックの葬儀において、女性の信者はベールを被って参列するという特徴があります。ただし、信者ではない女性についてはベールも帽子も着用する必要はありません。

ちなみに、仏式葬儀でよく使われる「数珠」はキリスト教の葬儀では使われませんので、間違って取り出さないようにしましょう。

仏式の場合と比べ特別なものは必要ありませんが、いつでも使用できるようサイズや状態を確認し、メンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

 

まとめ

・カトリック葬儀、プロテスタント葬儀の違いは用語や考え方の違いをチェックしておきましょう。

・カトリック葬儀の流れは葬儀と告別式がはっきり区別されるのが特徴です。

・プロテスタント葬儀の流れは葬儀と告別式を区別せず一連で行うのが特徴です。

・マナーと注意点 仏式と異なる「御花料」や献花の作法などに注意しましょう。

・葬儀の金額 仏式に比べ安く葬儀をあげることができますが、事前によく確認しましょう。

・服装 仏式の場合と同じように、黒を基調とした品のある服装が適しています。

 

いかがでしたか?

キリスト教式の葬儀はあまり馴染みがなく、カトリックとプロテスタントで異なる部分もあるため、戸惑うことは多いものです。でも、たいていの場合は式次第を書いた冊子を教会側で準備してくれています。それを見ればある程度の進行はわかりますので、あまり心配しなくて大丈夫。もちろん事前にこの記事の内容を頭に入れておくと、より安心ですね。

いざという時にもあなたが落ち着いて行動でき、穏やかな気持ちで故人の節目を見送れますように。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.