葬儀について

今注目の海洋散骨とは?新しい供養のカタチを疑問と伴に解説!

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

海洋散骨とは、その名の通り海へ遺灰を流し、納骨とする葬送方法です。

海外の映画でしか見たことのないようなイメージですが、昨今では日本でもきちんと手配をすれば、宗教や男女の垣根もなく誰でも埋葬が可能で注目を集めています。

しかし海洋散骨については体験している人が周りには少なく、「自分の親が希望しているけど、いいのか悪いのかもわからない」など、若い人の間でも相談できない悩みや疑問を抱えている場合が多いと思います。

どのような方法なのか、お金はどの位かかるのか、などの疑問を解決する情報と、メリットとデメリットについて解説します。

 

 

どのような人が海洋散骨を望むのか?

故人の海洋散骨希望者は、希望しない人と比較すると実に4割を占めるそうです。海が好きで縁があり、供養なら海が良いという人、子供や身寄りがおらず墓守がいない人や、金銭的な理由で散骨を望む人、無宗教なので墓は必要がないと感じている人などが希望しています。子供や身寄りがいながら墓に入らず散骨を希望する人の中には、供養にかかる費用や墓守の苦労をさせたくないという理由が多いようです。

その他、墓じまいをしたい場合であったり、長年自宅保管していた遺骨の葬送だったりと望まれる理由は多岐に渡ります。

 

 

 

誰にとっても低リスクというメリット

故人の希望が叶う事こそ一番のメリットだと思いますが、遺された家族にも大きくメリットがあります。

 

墓がいらない

たとえば先祖代々の墓石があまりにも離れた土地にあり、両親ですら見たことがなく墓参りをしていない場合ですが、おそらくこのまま両親はその墓石に入るとは言わないでしょう。なぜなら子供や親戚が墓参りに来てくれないような墓が、無縁仏になる可能性があるからです。または、知らない場所にあるような墓石に入りたくないと思っているかもしれません。

このように墓参りに行けないような場所に住んでいる可能性は、昨今では大変多くなってきています。新たに墓石を建ててでも墓に入り、墓参りをするものだと思っている場合を除くと、海洋散骨?そうだな、海っていいな、と思うかもしれません。

 

 

建墓するよりお金が掛からない

業者や散骨する場所等にもよりますが、海洋散骨では2万円~50万円以上と幅広くプランがあります。建墓すると土地代や墓石代のみならず、お寺の管理費等で維持費用もありコストが掛かり続けます。先祖代々の墓は、生きた証しでもあることから大事にしていきたいものですが、現代人の中では墓石よりも大事な遺族に遺産を置いておきたいと考える傾向になってきました。

 

 

 

ルールがあり慎重に決断する必要があるというデメリット

散骨にはルールがあります。海洋散骨にて遺骨を撒く事は法的にグレーとされており、黙認という形で行われている現状です。その中で最低限のルールを守らないと違法となる事項もあります。

 

 

どのようなルールに沿わなければならないか?

内海では漁業権の問題があり、漁業権所有者や管轄の市町村の許可が必要になります。
また海水浴場や観光地、養殖場周辺では許可されていません。そして遺骨をそのまま海へ流す事は不法投棄、死体遺棄となり罰せられてしまいます。遺骨は2mm以下のパウダー状にする「粉骨」を行って初めて散骨が出来る状態になります。粉骨方法については法律で規定はなく、自身でも行えます。粉骨を済ませ、許可が不要な場所へ散骨するというルールに沿えば自身でも海へ散骨は可能ですし、難しい場合は業者に頼めば迷いません。

 

 

家族に反対される可能性も

散骨で供養するという方法がまだ新しく、故人の希望とはいえ反対される場合もあるようです。どのようなメリットを伝えても日本古来の風習は根強く、説得する必要が出てくるかもしれません。伝えるだけでなく、実際に業者の話を聞く事でも解決する場合もあります。ルールに沿って準備をしていても、家族や親族に反対される可能性があるというデメリットも考慮しておく必要があります。

 

 

天候によって左右される

沖合に出る場合は、天候によって中止となる事があります。日程を調整しても、風が強かったり海が荒れている時には再び日程の調整が必要になる可能性があります。

 

 

 

手続きと流れはどのようなものか?

まず通常の流れより自治体の役場で死亡届を提出し、「火葬許可証」をもらいます。

納骨せずにそのまま業者に頼む場合はこの「火葬許可証」を業者へ提出します。すでに埋葬された遺骨を散骨する場合は、「火葬許可証」ではなく「改装許可証」が必要になります。「改装許可証」は墓地の管理者に「納骨証明書」を発行してもらい、お墓のある地域の役所へ提出してもらいます。

 

 

 

 

散骨プランは3つ

業者が代行して散骨するプラン、家族が同乗して散骨するプラン、合同で散骨するプランがあります。
業者が代行して散骨するプランではコストが低めの設定になっています。次に合同で散骨するプラン、続いて家族が散骨するプランです。業者によっては同乗する家族の人数に制限がある場合もあります。
合同で散骨するプランでは、他の遺族と同じ船に乗って散骨する事になります。少し高くてもゆっくり散骨したい場合は家族のみで乗船するプランがオススメです。

 

 

 

 

実際の散骨内容について

散骨、献酒、献水、献花、黙祷、などの流れを組み、実際の墓石に行うような内容で行われます。業者によってはこの内容にオプションを付ける事ができるようなので、更に個人を厚く弔いたい場合は出来る事を聞いておき、悔いのないようにしたい所です。

 

 

 

 

実際に海洋散骨を行なった人の感想は?

慎重に話し合って選んだ葬送方法ですが、やはり散骨が済んだ時の気持ちはどうだったのか心情が気になります。散骨を決めたにしても、始まるまで気持ちの整理がついていなかったり、不安だったりした人もいたようですが、悪かったと思う人より良かったと思えた人が多い傾向にあります。

 

 

 

 

良かったと思えた人が多数

海洋散骨を何度も経験している人は少なく、ほとんどが未経験者でしょう。未知の体験に対しての不安や天候などに気持ちを揺るがされながら散骨をした人や、やっとの思いで海洋散骨が出来たと満足出来た人、遺灰が綺麗な景色のある海に消えていく様子が美しかったと感動する人など。
中には、海で亡くなった家族と一緒になりたいと希望する故人では、遺族も嬉しく思えたというエピソードもあります。

 

 

 

 

悪かったと思った人はほとんどいない

散骨を終えて後悔する事はほとんどないようですが、「全部の遺骨を海に流してしまった」事で、拝む遺骨がなくなってしまったという事例があります。散骨の前に業者より、遺骨を全て流さずに少し手元に残しておくことを勧めてくれるようになったので、このような失敗や後悔をする事もあまりないでしょう。迷いが無い場合も全て海へ流さずにとっておく方が無難だと思われます。

残した遺灰はあらかじめどのように保管するのかも併せて考えておくと良いでしょう。そのまま自宅に保管するのかアクセサリーにして置いておくのか、または再び個人で散骨する事も可能です。故人と話し合って決めるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

海洋散骨について疑問が多いと思われる事項を含めメリットとデメリットと伴に解説しましたが、いかがだったでしょうか。お墓の文化は大事にしたいものですが、墓石がなくても故人を偲ぶ気持ちは遺族にとって変わりません。そして故人の意思を尊重した葬送方法が、自由に選択できるのは喜ばしいことです。海洋散骨は、お墓という概念に因われる事なく、故人と遺族の気持ちに寄り添った新しい葬送方法となり得るでしょう。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.