葬儀について

葬儀費用に必要な4項目を解説!仕組みを理解してトラブルを避けよう

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

自分で葬儀を手配する機会って、そんなに多くないですよね。

よく分からないから、とりあえず葬儀屋さんに見積もりをもらおう!という方もいます。

最近では、インターネットでプランを紹介している葬儀屋さんも多いので、そちらで相場を確認する方も多いです。

ただ、葬儀屋さんの出す見積りやプランが、最終的な支払金額ではない場合があります。

そのため、葬儀費用を検討する際には、まず費用にどんな内容が含まれているかを理解しておくことが必要です。

 

・見積りはもらったけど、この費用って必要なの?

・簡素な葬儀でいいのだけど、費用ってこんなにかかるの?

 

最近では、こんな疑問による相談やトラブルが多く発生しています。

見積もりやプランに含まれる内容、追加で支払う必要がある内容、自分には必要ないサービスが含まれていないか、などをチェックしていれば、トラブルを防ぐことができます。

 

 

葬儀にかかる4項目の費用

今回は、葬儀にかかる4項目の費用の内容について、ご紹介します。

葬儀にかかる費用は、大きく分けて4つです。

「施設にかかる費用」「葬儀施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼」

この4つの合計が、葬儀費用の総額になります。

 

この中には、実際に葬儀を行った後に確定する費用もあります。

また、見積もりに含まれていたのは「施設費用」と「葬儀施行の費用」だけだった、という場合もあります。

そのため葬儀屋さんにプランの相談をするときには、葬儀費用全体での予算をしっかりお伝えすることをおススメします。

それでは、上に挙げた4項目について内容を詳しく見ていきます。

 

施設にかかる費用

1つ目は、「施設にかかる費用」です。こちらは、葬儀を行う上で必要な会場に払う費用です

どんな会場を使うかによって変動するので、参加者が多くなりそうであれば費用も多くかかります。

 

安置費用

亡くなった後、遺体を自宅に搬送して安置する場合には費用は発生しません。

葬儀屋に依頼し、遺体を斎場の安置室で預かってもらう場合には、1日平均1~3万円の費用がかかります。

 

 

式場利用料

葬儀を行う、セレモニーホールや寺院、教会に支払う費用です。

控室・待合室を使った場合は、その使用料もかかります。

公営の葬儀場は安価で人気がありますが、利用制限がある場合もあります。

相場は、民間のセレモニーホールで10~30万円、公営であれば5~10万円程度となります。

自宅で通夜・告別式を行う場合には、費用が発生しない項目です。

不必要に大きな会場を勧めてくる葬儀屋もあるので、参加者の数に合わせて決めましょう。

 

 

火葬費用

遺体を火葬するのにかかる費用です。

民間の火葬場であれば5万円~15万円、公営の場合は5万円以下が相場となります。

こちらも公営の方が費用を抑えることができますが、その地域の住民であることなど、制限があることがあります。

 

 

葬儀施行にかかる費用

通夜・告別式で使用する物品や、サービスにかかる費用です。

 

お棺の費用

お棺の費用は、材質や仕様、大きさで変わってきます。

木でできた木棺は、ヒノキ・モミ・桐といった材質によって値段が異なり、シンプルなものもあれば彫刻を施した高級品まで様々です。

費用も安価なものであれば4万円、高価なものだと100万円以上するものもあります。

布棺という棺の表面を布で覆うものや、段ボール素材でできたエコ棺というものもあります。

 

安いものから高いものまで幅広い棺があり、決めるのに悩むかと思います。

一般的なお棺は5~30万円となっていますが、どのお棺を選ぶかは遺族の自由です。

納得のいくお棺を選んであげてください。

 

 

祭壇の費用

仏式の葬儀での代表的な祭壇である白木祭壇は、昔から人気のある祭壇です。

安いものだと10万円、高いものだと100万円を超えるものもあります。

基本的には既存の祭壇をレンタルするもので、葬儀のたびに作成されるものではありません。

宗派に関係なく利用することができる花祭壇は、花の量や種類、生花を使用するか、造花を使用するかでも価格に幅が出ます。

造花であれば20万円程度、生花であれば30万円程度から作成できます。

使いまわしが出来ず、故人の好きだった花を飾るといったアレンジも可能なので、近年人気のある祭壇です。

 

 

 

車両にかかる費用

火葬場までの搬送に必要な霊柩車や、葬儀場から火葬場までの移動手段としてマイクロバスを使った場合の費用です。

霊柩車の料金は平均1万円~5万円、マイクロバスの料金は3万円~5万円程度となります。

 

 

 

遺影写真にかかる費用

最近では生前に準備される方も増えていますが、加工や額縁とセットで1万円~3万円程度の費用がかかりま

生前に用意していない場合、既存の写真の背景などに加工を施します。

業者に依頼した際の相場は5千円~7千円程で、額縁にも5千円程度の費用となります。

 

骨壷の費用

遺骨を収める骨壷は、素材やデザイン、サイズによって値段が異なります。

陶磁器、木製、石製など、さまざまな種類がありますが、一般的な陶器のもので1万円程度です。

 

人件費

手続きの代行や葬儀の司会進行、会場での交通整理などの業務を依頼する場合、その分の人件費が必要です。

 

白装束の費用

白装束は、故人を納棺する際に着せる着物です。葬儀で使う白装束を経帷子といい、着せる際は左前になるように着せます。

また葬儀では、経帷子以外に「手甲」「脚絆」「白足袋・わらじ」「三角頭巾」を着せ、「頭陀袋・六文銭」「笠」「杖」「数珠」を持たせます。

 

宗派によっては、白装束を着せない場合もあります。

また最近では、風習に捉われず、故人の好みに沿った死装束を選ぶことも増えています。

 

その他の費用

この他にも、枕飾りや名木、位牌、湯灌といった諸経費がかかります。

 

 

 

参列者のもてなしにかかる費用

お通夜・告別式での飲食にかかる費用と、お香典の返礼品などに必要な費用です。

葬儀屋さんの見積りに含まれてはいますが、参列者の人数によって変動するので、見積りと請求との間で、金額に差が発生することがあります。

 

飲食費

通夜の後に振る舞う「通夜振る舞い」や、告別式のあとに振る舞う「精進落とし」があります。

通夜振る舞いがオードブルなどの軽食であることが多いのに対し、精進落としでは一人前の料理として懐石料理などを用意します。

またどちらにおいても、お清めの意味を込めて、アルコール類が振る舞われます。

この他にも、待合室での茶菓子なども必要となります。

料理のランクによって変動しますが、通夜振る舞いが1人当たり2千円~3千円、精進落としが1人当たり3千円~6千円程度となります。

 

返礼品

参列者には、返礼品を渡すのが一般的です。

現在は、通夜・告別式の際に渡す即日返しがほとんどなので、タオルなど参列者が持って帰りやすいものが喜ばれます。

香典の額に関わらず、一律で千円~3千円が目安となります。

 

 

香典返し

受け取った金額の3割~5割程度で用意します。お返しは「消えもの」がよいとされるので、食べ物や消耗品がよく使われます

食べ物であれば、お茶やコーヒー、紅茶、海苔などが定番です。

石鹸や洗剤、タオル、カタログギフトなども多く選ばれています。

 

 

宗教者への御礼にかかる費用

宗教者への御礼は、宗教者に直接お渡しするもので、葬儀屋さんからの請求には含まれません。

はっきりとした金額が提示されていない場合が多く、地域や寺院よっても幅があります。

金額に不安を感じるのであれば、宗教者や葬儀屋さんに目安を相談してみましょう。

 

お布施

「読経料」と「戒名料」にあたるものです。読経料は、葬儀において僧侶にお経を読んでいただく御礼です。

戒名料は、戒名を授かることへの謝礼です。

どちらも本来、定価というものは存在しませんが、15万円~50万円程度をお渡しすることが多いようです。

 

お車代、心付け

葬儀の担当者や僧侶、霊柩車の運転手などに渡す謝礼です。

金額相場は、3千円~1万円程度です。

 

 

まとめ

今回は、葬儀にかかる4項目

「施設にかかる費用」「葬儀施行にかかる費用」「参列者のおもてなしの費用」「宗教者へのお礼」

についてご紹介しました。

お葬式は何度も経験するものではないので、トラブルを防ぐ為には事前の情報収集が大切です。

複数の葬儀屋さんから見積りを取得することも、有効だと思います。

疑問点は葬儀屋さんに相談し、コミュニケーションを取りながら進めていきましょう。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.