お墓について

失敗しないお墓選び!寺院墓地、公営墓地、民間墓地、納骨堂について

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

何かと心配な老後のこと…。

お墓の準備もそのうちの一つではないでしょうか。

先々のことは、なかなか直前にならないと調べる機会も少ないかもしれませんが、

事前の準備を怠らないことで費用面や精神面でも悔いのない選択をすることも可能です。

今回の記事ではお墓の種類にはどんなものがあるか、あらかじめ知っておきたい具体的な内容、それぞれの特徴、利用金額の比較などについて、ご紹介させていただきます。

墓所の種類は、大まかに「寺院墓地」、「民営霊園」、「公営墓地」に分けられます。

 

 

寺院墓地とは

寺院が檀家のために寺院の敷地内に設け管理し運営する墓地のことです。

経営法人は宗教法人となるので、宗派によって寺院を選ぶ必要があります。「宗旨・宗派自由」を謳っている場合があったとしてもお墓を建ててからはそのお寺の宗旨に従うことになります。

寺院墓地を宗旨・宗派不問にすると、宗教法人法上の宗教活動から逸脱することになるため、基本的に宗旨自由の寺院墓地はないと考えるのが一般的です。

民営霊園を敷地内に設けている寺院に関しても、法要などに制限が設けられていることがあるので、お墓の購入前に寺院の宗旨に関する細かな点はよく確認しましょう。

寺院墓地は主に年中無休で利便性が高い市街地にあることが多く、葬儀や法事、供養といった有事の際にもお寺側が請け負ってくださる上に、生前での購入(寿陵)も可能で、寺院によって運営方針に差はありますが、お墓の管理にあたって直接顔を合わせることができる安心感は非常に高いと言えます。

そういった安心が保証される反面、寺院墓地の契約には檀家となって入檀料を支払い、檀家になった後もお布料を支払う必要があります。墓石の種類に関しても指定されていることが多く、継続的な資金面でもかかるコストも高くなる傾向にあります。

お墓を建てるためには場所代として永代使用料を支払うことで、使用者はその場所を使い続けることができますが、寺院墓地の永代使用料の相場は20万円~200万円、入檀料が10~30万円が相場とされ、年間で5千円~2万円ほど護持会費・維持費にかかります。

また、寺院行事や法要の際のお布施は参加費のような形で3000円~1万円程度、お寺や住居を改築する場合があれば檀家負担金としての寄付金などを渡す機会も含まれます。

具体的な金額に関しては、通夜、葬儀の読経や供養に15~50万円、納骨の作業費として5万円~6万円、1周忌、3周忌などの法要では3~10万円、月命日などの読経で5000円~1万円が相場のようです。

 

公営墓地とは

地方自治体(都道府県や市町村など)が管理・運営している墓地(市営・町営墓地・都立霊園など)です。「墓地、埋葬などに関する法律」の施行細則では、地方公共団体、宗教法人、公益法人が管理運営できるものとしています。

自治体に住む住民向けに作られた霊園なので、募集期間は決まっており、抽選で当選しなければお墓を建てられないという条件がありますが、使用料・管理料が比較的安価であり、宗教・宗派を問わず、経営体制も安定していて安心で、石材店の指定などもないので、他の墓地・霊園に比べて費用が安い場合が多いです。

当選の通知を受けた後は、「書類審査」を受け、審査完了後に「使用申請書」を提出、永代使用権発行にあたる「使用許可証」が交付されます。

自治体によっては市民外の申し込みを受け付けているところもありますが、公営霊園は市民の税金で成り立っているため、市民外の利用は割高に設定されています。同一区画を申し込んだり複数の区画の二重申し込みはできません。

多くは、納骨予定の遺骨のある人に限られるので生前墓が建てられない、お墓の高さや寸法に制限があるといったことが特徴です。

寺院墓地のような檀家制度はありませんので、法要の都度に応じて、場所の手配や僧侶の手配などを各自で行う必要性があります。

手間はかかりますが、自分で法要を依頼するお寺を選びたいという方や、お墓の管理は自分で行い費用を安く抑えたいという方には向いているかもしれません。

金額は小さい区画の土地代だけでも、およそ162万円から180万円で区画の大きさや墓地タイプによって、さまざまな価格の墓所を提供しています。墓石工事代は安くても100万円前後、総額では約260~300万円になります。

居住している市区町村の公営霊園によっても大きく土地代が違うので事前の確認は重要です。

永代供養墓はなく、毎年の管理料を払い規定に従えば、継続的な費用を最も抑えられることが利点となります。

 

 

民間墓地とは

民間墓地とは、宗教団体や財団、公益法人や寺院から委託された民間企業が管理・運営しているお墓のことをいいます。

一般的に宗旨・宗派、国籍などにおいても不問で、生前の購入が可能で、空いていれば好きな区画で契約が可能です。

寺院をはじめ宗教団体が運営している墓地の中でも、境内以外のところに造成されていて宗旨や宗派を問わずに販売しているものは民営霊園に分類されるのが一般的です。

利用条件がほとんどない上に駐車場や法要施設、売店、シャトルバスなど、設備やサービスが充実しているところが多く、法事の時、僧侶や会食の手配など、必要なことをすべて行ってくれるところもあります。

民間企業が運営しているため、寺院墓地や公営霊園に比べて経営に不安を感じる点は否めませんが、墓石のデザインが豊富に選べたり、緑地公園のような明るい景観のところが多く、合葬型の共同墓や、永代供養型の個人墓や樹木葬墓、さらに、ペットと一緒に入ることのできるお墓など、多様なニーズに応えるお墓を選びたいという方にはおすすめできるお墓となります。

民営霊園の管理費の相場は、5,000円~1万5,000円程度が相場といわれており、公営霊園と比較すると永代使用料や管理費が割高な傾向がありますが、1㎡以下の小さな面積のものも多く、永代使用料と墓石代を含めた初期費用の総額は、一般的に公営墓地より高く、寺院墓地より低めです。

多くの民営霊園が「指定石材店制度」を採用しているため、霊園の提携石材店でしか墓石を購入、建設できないという点では注意が必要です。

永代使用料は地価に比例する傾向があり、人気のある区画の場合すぐに売り切れてしまう場合も考えられます。同じ霊園内でも場所によって価格は変わるため都度確認が必要です。

 

 

納骨堂とは

納骨堂とは、亡くなった方の遺骨を納めるための収蔵スペースを備えた建物のことです。

一般的なお墓は野外での埋葬が基本となりますが、納骨堂は建物の屋内に遺骨や骨壺を収蔵できるスペースが数多く立ち並んでおり、自治体などの公営・民営・寺院によって運営されている納骨堂など多種多様にあります。

期限付きのものと無期限のものがあり、期限付きタイプの納骨堂は運営されている母体によって異なりますが、13回忌や33回忌などを期限として、永代供養墓に移されます。

納骨堂を利用し、永代供養をお願いする際には永代供養料を支払う必要があります。

この費用を支払い続ける限り施設側が永代供養を行ってくれますが、一定期間が過ぎてからは合祀墓や合祀塔に遺骨は移されます。

どの程度の永代供養料を支払うのかは納骨堂によって異なるので、こちらは契約前の確認は欠かせません。

納骨堂を利用する方は特に都心部で増加傾向にあり、お墓を継ぐ方がいなかったり、先祖代々のお墓がいずれ無縁墓になってしまうことを懸念して、金銭的な面でも子孫に負担をかけないよう、手入れが簡単な納骨堂を選ぶケースが多いようです。

高齢の方のお墓参りへの利便性を考慮した上で、お墓が遠方にある方でも元々のお墓を撤去して、管理しやすく通いやすい場所にある納骨堂にお骨を移すという方も増えています。

一般的な納骨堂の相場は、50万円~150万円程度だと言われており、 1人用だと30万円~50万円、家族用だと80万円~100万円、仏壇タイプや機械・可動タイプなど、内容によってはさらに費用が掛かるものもあります。

お墓選びは決して安い買い物ではないため、身内の方や身近な方によく相談して納得のいく選択をし、遺族の方にも気持ちの良い供養の仕方を選んでいきたいものです。

-お墓について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.