葬儀について

それって本当に大丈夫?知らないと損をする葬儀社選び方のコツとは?

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

良いお葬式で大切な人の最期を見送りたいものですよね。

そのためにも葬儀社選びというのは欠かせません。

この記事では後悔しない葬儀社の選び方やコツについてご紹介します。

 

葬儀社とは?

葬儀社とは、葬祭業を行う会社であり、お葬式全般を取り仕切り、お葬式を円滑に行えるように手配することを担います。

豊富な経験と知識から、プランなどの提案やわからないこと回答をしてくれるので、非常に頼りになる会社でもあります。

葬儀社を営むにあたって必要な国家資格などは無いのですが、「葬祭ディレクター」の資格を持っている人を雇っている葬儀社もたくさんあります。

葬祭ディレクターの資格は民間資格ながら、

・2級であっても、実務経験が2年以上必要

・1級に至っては、実務経験が5年以上もしくは、2級合格から2年以上経っているもの

という受験資格制限があります。資格を抱えている事が必ずしも良いサービスに繋がる訳ではございませんが、抱えている人数などは参考にしても良いかもしれません。それでもやはり、口コミや評判は押さえておきたいものです。

 

 

葬儀社のタイプ

葬儀社には様々なタイプがあり、大まかには以下のタイプがあります。

葬儀専門で斎場、葬儀場、葬儀コーディネートを専門とする葬儀社。結婚式や葬儀などを行う冠婚葬祭業の葬儀社。普段は墓地、仏壇、ギフト業をしている会社が葬儀社もしている。ホテル、自治体、鉄道などの異業種の会社が葬儀社をしている。

この他にも「冠婚葬祭互助会」、「共済」などがありますし、全国で対応している葬儀社もあれば地域密着型もあります。

また、葬儀専門でも、斎場(儀式を行える所)を持っている会社もあれば、斎場を借りて葬儀のコーディネートだけを行う会社もあります。

 

 

葬儀社選びに必要なこと

葬儀社選びで最も重要なことは、どんな葬儀にしたいかを考えておくということです。

なぜなら、規模をどういった物にしたいのか、費用はどのくらいにしたいのか、サービスについてもどういったものにしたいのかをはっきりさせるという事が必要だからです。

葬儀社にも、それぞれ得意、不得意があり、その中で自分が本当に望む葬儀の形に合った葬儀社を選ぶことが重要となるためです。

良い葬儀社の見分けかたに必ずしも決定事項があるわけではありません。

ですが、丁寧に対応してくれた、分かりやすい説明があった、希望の葬式をしっかり提案してくれたなど、こういった事は葬儀社選びには欠かせないです。

そして、担当者の人柄で選ぶことも方法の1つです。

 

 

葬儀社選びのタイミング

葬儀社選びのタイミングでベストなのは生前のまだ元気なタイミングです。なぜかと言うと自分の最後をどう見送って欲しいかと合わせて葬儀社を選べることと、残された家族が迷うことを少なく出来、故人の希望にあわせる事ができて一番スムーズだからです。

そして、家族への配慮としてだけではなく、生前に予約する事で、葬儀事前割引をも受けられるので費用を抑えることもできます。

突然お亡くなりになってしまった場合はすぐに葬儀社を選ばなくてはいけなくなります。

葬儀社の手配はご遺体を移送する時で必要となります。その他にも、移送だけ別の業者に頼んで、ご遺体を安置してから決めることもあります。病院や警察から案内された葬儀社を選ぶと言うこともあるでしょう。そういった場合、対応やサービスが不十分だったとしても、自分のせいでは無いと諦める事ができます。ですが、大切な人の最後をそんな形で見送りたく無いと思う方も多いのでは無いでしょうか。

それに、病院などで勧められた葬儀社はされるがままに話が進んで行きやすく、実はいろんなオプション費用、紹介費用などで高いお金を取られていたなんてこともあります。

なので、急な出来事で大変な時ですが、そんな時でも冷静に葬儀社を選んだ方が良さそうですね。

 

 

葬儀社選びの前にする事

ご遺体の安置ができたら、どのようなお葬式にしたいか、どれくらい見送りの人を呼ぶかなどを決めます。一般的な故人の葬儀では、簡単にこんな形でのお葬式になるでしょう。

火葬式:火葬のみを行い、式を行わない。

1日葬:通夜を行わず、告別式、火葬のみ

家族葬:身内だけで、通夜と告別式を行う

一般葬:身内以外も呼んで、通夜と告別式を行う。

これも費用など見極めるにも知っていると良いでしょう。

そして、宗教、宗派によっても違うのでそのことについても事前に調べると良いと思います。ほとんどの場合は仏教式だとは思いますが、仏教式にも浄土宗や日蓮宗などがありますし、仏教式以外の場合もありますので、対応になれた葬儀社を選ぶ上では大切な条件となります。

なので、万が一わからない場合はお墓がお寺にあるなら、お寺への確認をしたり、親戚に尋ねるのも良いと思います。あとは葬儀社に相談してみるのも良いと思います。その時の対応なども参考にして選んでみるのも方法の1つかも知れません。

 

 

高い葬儀社と、安い葬儀社は違うのか?

値段が高い、安いと言うところで何が違うのか気にまりますよね。結論で言うと、自分の希望だったり、サービス、費用などの総合的な判断をしていく事が良いと考えています。

結局は自分に合うか合わないかなんです。

確かに、値段だけコストだけを下げるところばかりを考えている葬儀社があるのは確かだと思います。

ですが、大衆的な相場でも周りがある程度高い葬儀社ばかりだと安く見えていても十分なサービスをしているかも知れません。逆に、値段が高いところは、すごい高級思考である為に自分に合わないなんてこともあるかも知れません。ある程度のサービスを考えるのであれば、やはりそれなりに値段は高くなります。スーパーで例えるとわかりやすいのですが、安さが売りのディスカウントストアーと呼ばれるところでも十分に買い物ができますし、そこで満足している人もいますし、品質がよく無いからと満足できない人もいます。

逆に高級スーパーほどの品質は要らないと考える人もいますし、その品質でないと満足できないからとしっかりお金をかける人もいます。葬儀社もそれと同じ事が言えそうです。品質、費用など自分に合ったもの、希望に沿って選んでいく事が重要となりそうです。

 

 

本当の葬儀社の選び方とは

では、どういった選び方が良いのでしょうか。

それに関しては、本当の意味での決定事項というのは無いのかも知れません。

それに、葬儀の単価の下落からなのか、悪意のある業者も出てきていると言うことも聞きます。なので、本当に良い業者と言うのを見極めると言う事が難しくなってます。

なぜかと言うと、そもそも安くする為だけにしか考えていない葬儀社が嘘をついて計画そのものがうまくいかなくなってしまう、そして、最初は安くてもオプションをつけると結局高くなると言うこともあったり、単価が下がると社員教育に使うための資金が調達できなくて、結果的に葬儀の段取りなどが成り行かなくなってしまうこともあるようです。それに関しては本質を見抜くこと以外方法が無いように思えます。でも、皆さんは情報社会の中で何百社とかを調べようとしていませんか?

本来、葬儀社と言うものは、ある程度地域商売というものになります。このエリアでお葬式をやりたいと思ったら、そこでちゃんと施設を持っていて、来やすかったりする葬儀社の数は4〜5件に絞られるものです。

その中から、ある程度見積もりを作ってもらったり、相談をしてみることをすれば良いわけです。

その中で自分に合った、希望に沿ってくれる葬儀社を選べば良いのです。

あちこち知らない地域から葬儀社を選ぶこと自体が間違っているのかも知れません。そして、この情報社会だからこそ、その地域の人に聞いてみるということの重要だと聞きます。葬儀社を紹介している人たちはいっぱいいるのですが、情報によっていたちごっこになっていて、悪い評判がつかないように対応していくのに必死になっていてリアルベースでの良し悪しの判断がネットではつかなくなってきているようです。なので、この時代だから人伝てを見直してみるべきなのかも知れません。葬儀をやった人にしかわからない情報を聞いてリアルベースに判断していくのが、葬儀社選びにおいて、時代に逆らってるようで最先端なのかも知れませんね。

-葬儀について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.