お墓について

【体験談】存続か?墓じまいか?あなたはどうしますか?

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

テレビでも取り上げられるようになった墓じまい、先祖代々受け継いだお墓の後継者がいない、子どもが遠方に住んでいる、子どもに迷惑をかけたくないなどの理由により、お墓をこのまま存続するか墓じまいするか考えたことはありませんか。

 

実際、お墓を管理するとどのくらい費用がかかり、墓じまい費用はどのくらいかかるのか?墓じまいした場合、遺骨はどうすればいいのか?

わからないことだらけです。私も全く分かりませんでした。

我が家は夫がお墓を継いでいますが、残念ながら子どもを授かることが出来ませんでした。我が家は後継者がいないので、墓じまいをするべきか検討をはじめ、お墓の今後について話し合いました。

我が家の体験談になりますが、お墓を存続するか、墓じまいをするか悩まれている方々の参考になればと思います。

 

 

 受け継いだお墓の維持費

お墓を後継することは、お墓を維持するだけではなく、すべての親族からご先祖様を任されます。命日(月命日)、お彼岸、お盆などの法要やお墓の管理、その他にお寺への寄付や祈祷などお金もかかってきます。

維持費のだいたいの相場が、

お墓の管理費:年間5千~2万円、

お寺の管理費:年間5千~2万円、

他にお布施や寄付が別途かかってきます。

お布施は命日やお彼岸、お盆に1回:数千円~、さらに自動車代(ガソリン代や駐車代、交通費)、お昼代(飲み物やお弁当代)かかります。

その他にも寄付や祈祷もありますので、年間5万~10万円以上かかってきます。

我が家の場合、相場よりは安い金額になるのですが、お寺の管理費、公共墓地の管理費、お布施を合わせ総額5万円の支払いになります

あと仏壇もあるので、お花代やお供え等の費用も上乗せされます。実

際に引き継ぎ、費用がこんなにかかるものなのかと知りました。

収入が少なく生活に困っている訳ではありませんが、年間5万円以上がかかってくるので、正直大変です。ホントに必要?とたまに疑うときもありますが、ご先祖供養は大切と教えられ育ったので、必要経費だと納得して受け継いでいます。

 

 

墓じまいを検討するワケ

墓じまいを検討するには、ざまざまな理由があります。我が家のように、後継者がいない場合、私たちが亡くなった後は無縁仏になってしまうからです。他にも後継者がいるが、子どもが地元から離れ遠方に住んでいる、お墓を継がせることで子どもに迷惑をかけたくないなど、後継者がいても検討される方が増えてきています。

それは現代と以前までの生活スタイルや価値観が変わってきたためだと考えられます。例えば、私が子どもの頃は、最高三十三回忌法要まで親族すべて招待され開催されたいましたが、今は一周忌法要だげ親族を招待し、以降は家族だけで行うことが一般的になってきています。

 

 

 墓じまいした場合のメリット・デメリット

メリットは、墓じまいをしたことにより無縁仏にならない、維持費の節約になり、お墓の年会費がかからなくなります。檀家も辞めた場合はお寺に支払う管理費やお布施もなくなり、年間5万~10万円かかっていた費用がなくなります。続いてデメリットは、墓じまいすることを親族に理解してもらうため、話し合いが必要になり、理解が得られないと理解が得られるまで話し合いをする必要があります。また、稀に高額の離檀料が請求されることもあります。ちなみに我が家の場合、親族が家族だけでしたので、家族会議で話し合いが進みました。やはり夫は自分の先祖なので墓じまいをすることには抵抗があったようですが、私たち以降の後継者がいないため墓じまいをし、ご先祖様を無縁仏しないことを選択しました。

 

 

墓じまいにかかる費用

墓じまいの流れは、1.お寺の住職に相談⇒2.遺骨の埋葬先の決定⇒3.業者の選別と契約⇒4.役所などへの手続き⇒5.魂抜き⇒6.遺骨取り出し⇒7.遺骨を埋葬先に納骨⇒8.墓石の解体・処分になります。

墓じまい費用の総額相場は50万円~100万円以上になります。

お墓の広さや遺骨の埋葬先、遺骨が何人分あるかによっても金額は変わってきます。私たちはまず住職に相談し、業者や埋葬先のアドバイスをもらいました。インターネット検索もいいのですが、地域により異なるので先に檀家の住職に相談することをおすすめします。

お寺の住職は先祖供養の専門家ですので、業者の紹介や遺骨の供養方法のアドバイスをいただくことは可能です。相談して納得できない場合や他で探したいときに検索をすればいいのです。

 

 

 

遺骨の埋葬先は?

埋葬先として改葬、永代供養、手元供養、散骨、樹木葬があり種類はさまざまです。

簡単言うと、改装⇒新しいお墓や納骨堂へのお引越しする。永代供養⇒個人のお墓ではなく霊園や寺院に預け管理をお願いする。手元供養⇒遺骨を身の回りに置き故人を偲ぶ。散骨⇒山や川、海などに粉末状にして遺骨をまく。樹木葬⇒石材のお墓ではなく、樹木をお墓にする。といろいろな方法があります。

最も相場が安いのが、手元供養になりますが、遺骨がたくさんある場合は他の埋葬方法とあわせた方がいいです。

埋葬方法の価格も金額の差はありますが、墓じまいの理解に続き、埋葬方法も親族と話し合って決めなければ、親族間で問題になりますので、十分話し合って最適な方法を選ぶことをおすすめします。

 

 

我が家の墓じまい

夫が受け継いだお墓は2基あります。親族は私たち夫婦だけでしたので、墓じまいし、離檀しました。

遺骨は、合祀墓(簡単に言うと合同墓地)に永代供養に預け、私たち夫婦分も一緒に予約しました。遺骨1人分15万円、計8人分の遺骨120万円と、お墓の解体(手続きと処分費込み)、1基30万円、計60万円です。あと魂抜きのお布施2基分10万円、ガソリン代・お昼代を各1万円ずつ住職につつみました。総額:192万円です。

お墓が2基だと金額は安い方なのかもしれませんが、ビックリな金額で墓じまいを止めようかと本気で悩みました。やはりご先祖様を無縁仏にしたくない一心で、一度に出す費用は多いですが、例えば20年お墓を継続すると、我が家の場合維持費が100万円以上かかり、最終的に墓じまいをしなくてはいけません。300万円くらいの自動車を100万円の割引で購入した(手元に自動車はないけど・・・)と思うようにし、必要経費と割り切って墓じまいをすることを決意しました。

墓じまいは終えての感想は、ご先祖様にはお墓を守ることが出来ないと言う申し訳ない気持ちで悲しくなりましたが、今後は先祖供養の心配が必要なくなったとの気持ちが強く肩の荷が軽くなりなりました。

私たち夫婦は、墓じまいをしてよかったと強く感じています。

 

 

まとめ

お墓は後継者のみならず親族も関わってきますし、維持費もかかってきます。墓じまいをするにも費用がかかります。我が家は親族がいなく家族内での話し合いだけでしたので、親族が多い方に比べると決断は早く出来ましたし、親族の理解を得る必要もありませんでした。

たまたま我が家は費用もなんとか捻出でき、墓じまいをしましたが、中には、費用の捻出が難しい方や親族の理解が得られない方などもいると思います。

皆さまがすべて同じ結果になるとは限りません。

ただ同じくお墓を受け継いだ者として今後の参考にしていただき、それぞれの家族(親族)が最良な方法を見つける手助けになればと思います。皆さまが最良な結果を選択できることを切に祈っています。

-お墓について

error: Content is protected !!

Copyright© 空 終活・お葬式・お墓ネット , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.